ランキングカテゴリを一部変更。スマホでランキングバナーが表示されなかったのを修正しました。(9/23)

診察の話

2019.4.13 14:20:59     2019.5.15 12:59:57

診察で何を話せば良いか分からない、上手く伝えられないという話をよく聞きます。まぁ確かに「どうですか?」とだけ聞かれたら困ってしまうかもしれません。変わりなかったら変わりないしか言いようがないですしね。
「○○はどうですか?」と具体的に聞いて下さる先生もいらっしゃいますが。

精神科医の先生は診察室に入ってきてその様子でいろいろ読み取っているようです。なので伝えたいことがなければ無理に探して言わなくても良いのではないのかと思います。前回の受診時と比べて変わったことがあれば伝えておくと良いと思いますけどね。寝付きが良くなったとか悪くなったとか。

 

堂々と読む

聞きたいこと、伝えたいことがたくさんあると絶対にひとつやふたつ忘れてしまうんです。なので予めメモして行きます。そしてそのメモを堂々と確認しながら話していくというのは一つの手かなと思います。

 

日記

いろんなことがありすぎてうまくまとめられなくなり、日記を書いていって読んでもらいました。私は自分の字が嫌いなので最初はパソコンで書いて印刷して持っていきました。今はタブレットに入れて持って行き読んでもらっています。(パソコンで書いてクラウドに保存。タブレットからもクラウドにアクセスしているのでそんなに面倒でもありません)
パソコンを持ち込んでいる方も見かけたことがあります。こういった機器を利用すると写真も載せることが出来るので表現しやすいです。

細かいので参考にしてもらわなくて構わないのですが、Wordで作成してもタブレットにはpdfに変換したものを入れています。これは読む時にうっかり編集モードに入ってしまうと上手くスクロール出来ないのでそれを防ぐためです。

日記は苦手だという方もいるでしょうから、何かあった時に箇条書きにしておくだけでも違いますよね。先生からのアドバイスにより「良かったこと」「良くなかったこと」を左右に分けて書いていた時もありました。あるとき「良くなかったこと」ばかり続いていたので、スペースの無駄だなと思い普通の日記に戻しました。

日記療法というのもあるんですって。
確かに書いていて整理されてくることもあります。でもこれは自主的にやるから意味があるのだと思います。嫌々だったら・・・ねぇ。

私はもともと日記を書いていたので、書くことが嫌いではなくWordにびっしり平均6ページ(1週間分)書いています😅それはそれは関係ないかもしれないことまで。。

特に具体的に話したいことは強調して書いておくとか、それだけは忘れず改めて口頭で伝えたりします。

直接だと言いにくいことでも日記の中に埋め込むことも可能です( ̄∀ ̄*)☆
「もう死にたい」と思ってもなかなか口では言いづらいです、私は。でも日記(特にデジタル作成のもの)なら軽いものから重たいものまで自由自在に書けます。

私の場合は主にコミュニケーションの問題と言うより伝えたいことがありすぎてまとめられない頭の問題です。。
頭でまとめようとすると、結局受診のその日の気分しか伝わらないんですよ。その日が良ければ良かった1週間になってしまうし、その逆もしかり。

 

手紙にしたためる

日記なんて面倒くさい!という方も多いでしょう。そんな時は、どうしても伝えたいことがある時にだけラブレターを書いてみるのも手です
眠れない日が続き別の眠剤を試してみたいと思っていますが如何でしょうか?
なんて。↑こんな内容だったら「口頭で言えばいいのに」となってしまうので特別重要ならばですよ。○○についていつも相談しているんだけれどなかなか納得できる結果にたどり着かないとか。どちらかというとお願いをしたいときに。
○○はやめたいですとか言いにくいけど伝えたい時など。

私は他の診療科でも伝えたいことが多い時には症状の経過などをまとめて読んでもらうこともあります。 そう、重要なのは症状の経過ですよ!それを読んでもらえる余裕がある先生だと私は合うのかなぁと思ったりもします。

「上手く伝えられない」と思っているとストレスにもなりますし「この先生とは合わないのかもしれない」と思うことにもなるかもしれません。伝えることさえ出来たら違うかもしれないのに、勿体ないですよね。

 

1+

 

↓↓ランキング参加中です↓↓
よろしかったらポチッとクリックお願いしますm(_ _)m