トリンテリックスのお話を更新。(10/23)

サインバルタの話

2019.02.04 16:55:47     2020.10.23 21:35:58

向精神薬

精神科で処方されるお薬は抗うつ薬、抗不安薬、眠剤、抗精神病薬という主に向精神薬ですね。
私もほぼほぼ服用してきましたがその中で今回はサインバルタという抗うつ剤について書きます。

 

離脱症状

抗うつ剤を服用していると身体が【飲んでいるのが普通】の状態になります。そこで突然お薬を止めると今まで入ってきたお薬の成分がなくなってしまうため禁断症状のようなものが出ます。抗うつ剤に精神的依存はないと言われますが肉体的依存はあるようです。そのため抗うつ薬を中止する時は医師の指示に従い少しずつ減薬していきます。
離脱症状は飲んでいた期間・お薬の種類・個人差により違いますし、現れる症状にも個人差があります。今回紹介するサインバルタは抗うつ剤の中でも最も離脱症状の出やすいお薬のひとつだそうです。

 

サインバルタ(デュロキセチン)

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤。三環系や四環系と呼ばれる古いタイプの抗うつ剤よりは副作用が少ないと言われている。
憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。
線維筋痛症など痛みにも効果があると言われており整形外科などでも処方されることがある。(この整形外科で処方された患者が精神科に流れてくることがあるとかないとか・・・)

 

適応

うつ病・うつ状態
糖尿病性神経障害慢性腰痛症・変形性関節症・線維筋痛症に伴う疼痛

※ 海外では全般性不安障害にも適応があります。

 

剤形・形状

形状は20mg、30mgカプセル
2020年9月現在後発品はなし

 

私のサインバルタ断薬の道(現在進行形)

今まで抗うつ剤は何種類も服用してきましたが、正直こんなに止めるのがつらいお薬は初めてです(T_T)
今までは他のお薬にシフトしていたので比較的離脱症状が現れることなく止められたのかもしれません。

サインバルタは発売してすぐの頃に一度服用した記憶があります。その時は服用期間も短く他のお薬にシフトしながらやめたので特に離脱症状は感じませんでした、、、なぜ中止し再び服用したのかは覚えていません。きっと効果と副作用をみたときに他のお薬より勝っていたのでしょう。ちなみに私は【不安緩和】を目的に服用しています。今飲んでいるサインバルタは2015年10月ごろから連続的に服用しています。でも本当は他のに戻す話があったのですがバタバタしていてそのまま来てしまいました。

2015年の終わりと2016年の4月頃に自己判断で突然1週間ほど中止したことがあります。
反抗期です笑
この時はとにかく辛かった記憶があります。でも急に止めたからだろうと思ってました。
一番辛かったのはいわゆるシャンビリと言われる症状です。頭がシャンシャンしていて時々【飛ぶ】感じがあります。経験した人にしか分からないと思います。言葉で説明するのは難しいです。パキシルの減薬時に出やすい症状だと言われています。

 

減薬の開始

サインバルタはずっと60mgを服用していました。記憶によると2018年8月から減薬を開始しています。まずは60mg⇒50mgです。特に大きな問題はなく減らせました。

 

異常の現れ

慎重すぎるくらいでいこうということで1ヶ月ほど50mgを維持してから40mgに移行しました。
サインバルタは20mgと30mgのカプセルしかないため10mg単位での減薬になります。
40mgにして1週間ほど経った頃の10月上旬、背中(左の肩甲骨辺り)に痛みを感じました。最初は寝違えたのかと思ったのですが、日に日に痛みが増していきます。息を吸うだけで痛いです。寝ていても叫んでしまうほどです。痛み止めを飲んでも効きません。救急の整形外科を受診すると神経性の痛みで今までサインバルタで抑えられてきた。サインバルタを戻して1年は続けるよう言われます。ここで60mgに戻します。でも次の精神科受診で50mgになります。
しかしいつもの整形外科ではMRIの結果異常なしと診断されます。サインバルタは飲んでも飲まなくてもどっちでもいいと言われます。自己判断なんて恐ろしいこと言われました。効くなら飲めばいいんじゃないみたいな。とりあえず痛み止めのリリカを処方してもらいましたが、間違えて捨てた(50日分も?)のか行方不明になったため数日服用しただけで中止しました。リリカも断薬が辛い薬だと聞きます・・・。

 

慢性疼痛の始まり

リリカは飲まずサインバルタは50mg、2週間ほどで背中の痛みは落ち着いてきました。しかしその頃からなんだか全身が痛いです。特に肩甲骨周りを中心に二の腕にも広がってました。炎症性のような痛みですがロキソニンやボルタレンなど一般的な痛み止めが全く効きません。トラムセットも効かなかったですね。藁にもすがる思いでいろいろ試しました。ピンポイントで「ここが痛い!」という感じではなくて疼痛です。なぜかソラナックスを服用すると和らぐような気がしました。そうそう、サインバルタの減薬を開始してから不安時の頓服であるソラナックスの服用量が増えました。

 

40mgの壁

そして1ヶ月ほど維持したでしょうか。なんとか痛みも少し落ち着いて、サインバルタを40mgへ減らしてみます。すると3日後くらいからまた全身の痛みが出始めます(T_T) タイミングからして明らかに離脱症状です。慢性疲労症候群かと思うような全身疲労感・倦怠感もあり本当は線維筋痛症じゃないかと思ったりします。
それから乗り物酔いのような気持ち悪さ(めまい?)もありました。これは前の段階でも出ましたが今のところそれほど続いてはいません。2~3日で治まります。この症状はソラナックスを服用すると治まります。シャンビリも出たとしても1日くらいです。

 

脱カプセル

先ほども書いた通りサインバルタはカプセルのみです。しかも最小単位が20mgです。薬局で相談したら製薬会社が推奨していないとの理由から脱カプセルは拒否されたので、試しに自分で脱カプセルしてみました。中には胃で溶けないようコーティングされたツブツブが入っています。静電気が酷く半分に分けるのも一苦労です。自力で脱カプセルするのは難しそうです。それでも処方箋に書いてもらったところ脱カプセルして頂くことができ、45mgにすることができました。しかし45mgが計れる限界だそうです・・・。
このままでは飲みにくいので市販のカプセルに入れて飲みます。

 

ジェイゾロフト現る

45mgにして1週間経っても痛みや気持ち悪さはあります。そこで他のお薬を入れシフトしながら減薬する作戦に切り替えます。過去に飲んだことのあるジェイゾロフトが指名されました。サインバルタ45mgのままジェイゾロフトを増量していきます。

 

再び40mg

2019年1月、ジェイゾロフトを75mgにし、サインバルタ45mgの痛みも和らいできたので再び40mgに挑戦です。
ジェイゾロフトを入れたことで明らかに不安でソラナックスを服用する量が減りました!しかし身体の震えが出始めました・・・。ジッと出来ません。それからなんだか脚がムズムズするような感じがします。副作用を見るとサインバルタは良かったのかもしれません。
またしばらく40mgをキープです。ジェイゾロフトについては様子を見ながらですね。3日後くらいから痛みは出ましたがそれほど酷くはありません。ここからは未知の世界です。。

 

そして30mg

2月8日、30mgに減りました。
SSRIのジェイゾロフトで補っているものの、サインバルタはSNRIなのでノルアドレナリンが減るので痛みが出るかもと言うことです。しかし、減らすことで不安は減るかも?(ジェイゾロフトを入れたためにセロトニンが増えすぎて不安が増えた?)とのことで、それにかけたくて減らしました。(ギャンブルかよ笑)
2月12日ごろから身体の痛みが出始めました。。うーん・・・。
不安については増えても減ってもいないというか、サインバルタ60mgで続けてた時と変わらないかなぁと。

3月8日、サインバルタ30mgにして1ヶ月なのでいつもなら減薬のタイミングですが、まだ身体の痛みも残っていることから30mgを維持。
でもジェイゾロフトを減らしました。
50mgの方が調子が良い気がして。
あと、割とハイな感じになっていて。
で、3月11日ごろから身体の痛みが強くなってきました。
ジェイゾロフト減らして痛みが増すとは・・・🤔

 

ついに20mg

4月5日、20mgになりました!
身体の痛みはあるのですが・・・。

 

そして・・・

2019年5月24日、さらに減薬が進みました。
さすがに一気にゼロではありません。
36時間おきの服用です。
1週間で5回服用、平均15mgになるとのことです。

5月28日、さっそく症状が出始めました。
身体が痛いです・・・。
特に背中と腕、背中は座っているのもしんどく横になっています。
寝ていても痛いのですが・・・。
次の段階は1日おきになるとのことです。
今まで飲み忘れると44時間ほどで具合が悪くなっていたので
1日(48時間)おきは不安がありますが
とにもかくにも今はこの身体の痛みとの闘いです。。

 

減薬入院

5月26日ごろから回転性の眩暈が出始めました。
ちょっとしたことでグルングルンと回って気持ち悪いです。
身体中の痛みも今までは現れていなかった足の方にまで出て強さも増しています。
5月31日に受診した際には絶不調のピーク。
痛みで落ち着かず、動けば眩暈。
過呼吸のようになって手足の痺れが出たり視界がおかしくなったりしました。
しかし1週間耐えたので戻すことは選択肢にはなく
減薬入院の形を取りました。
31日はだるさも酷く、家事も出来ない状況で
入院の荷物をまとめるのも休み休みでした。
入院初日には痛みでなかなか眠れませんでした。
眩暈も回転性のものとふわふわ感のものがあり
コンビニへ買い物に出掛けた際にはフラフラしていました。

 

運命の出会い

入院して院内薬局であればサインバルタを脱カプセルして
もっと細かい単位で計量できることが分かりました!
そのため12mgで処方されることになりました。
一般的な調剤薬局では出来ないらしいので今後はサインバルタのみ院内処方となります。
他にもその方法をとられている患者様がいるとのことなので
全国のサインバルタ減薬に悩んでいる方にお伝えしたいです!!
今後はもっと細かい単位での減薬になります。
そしてジェイゾロフトを75mgに増量しました。
イーライリリーさん、なぜ20mgが最小単位なのですか・・・😭
20mg一気に切るなんて絶対に無理です!!!
6月5日、退院。

 

1mg単位で

7月5日、11mgに減薬。
12mgでの処方分が3日分残っているので7月9日から変更となります。

9月6日服用分から10mgに減薬になりました。
調子があまり良くなかったのもあり2ヶ月ぶりの減薬です。
17日頃から痛みが出始め20日ではないかと思います。

10月15日服用分から9mgに減薬。
18日金曜日から全身の痛み(強め)、倦怠感、疲労感で21日頃まで動けず。

12月25日頃から全身の痛み、疲労感、だるさが復活。
減薬との因果関係は分かりません。。

2020年1月4日服用分から8mgに減薬。
1月9日頃から全身の痛みが強まり、10日頃から頭のシャンシャンというか脳の電撃感覚と言うのでしょうか、グラッとするような気持ち悪さが出ています。そして11日頃から脚のむずむず感もまた感じるようになりました。
インフルエンザの様な症状も出たのですが検査の結果陰性だったのでこれも離脱症状なのでしょうか。。
痛み止めの効かない頭痛も離脱症状の一種だと気づきました。
年単位で続くことを覚悟し始めました。

2020年1月18日服用分よりジェイゾロフトを75mgに増量。

 

最終、断薬

2020年7月4日朝服用分から断薬。
一気にゼロです。
ジェイゾロフトの副作用で手の震えが出ていてジェイゾロフトをやめたかったのですが
現在2剤の抗うつ剤を飲んでいるためやめるのであれば量の少ないサインバルタということになりました。
10日ほど経ちますが頭がシャンシャンする感じやめまい感などは出ていません。
全身の痛みはありますが・・・。

7月17日。
身体の痛みは動いているとマシだったのですがこの日からは動いていても痛みを感じ鈍痛のようなものもあります。
私の感覚ではサインバルタの離脱症状なのかなぁという感じです。
7月18日よりトリンテリックス服用開始。

10月~
まだ全身の痛みは頻繁にあります。

 

振り返ってみて

特に副作用も感じずやめてみて効いていたことを実感したサインバルタですが、時に攻撃的になったり、悪夢や寝汗が酷いといった症状がありました。そして1日でも飲まないと廃人になるお薬でした。

 

 

最後に

私は医師でも薬剤師でもなくただの患者です。実体験を元に書いていますが医学的には間違っていることもあるかもしれません。あと難しい用語は分からないので分かりやすく書いているつもりです。

 

2+

 

↓↓ランキング参加中です↓↓
よろしかったらポチッとクリックお願いしますm(_ _)m