ソラナックスの副作用

 

  • 2019.02.22 21:30
  • 2019.05.16 01:01

ソラナックス(アルプラゾラム)

不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心と体の病気です。たとえば、ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がドキドキしたり、また、女性では生理不順を起こしたりします。

実際の処方例としては、上記のような心身症や不安神経症、パニック障害など各種の不安障害を中心に、自律神経失調症、更年期障害、うつ病や不眠症、統合失調症や躁病の急性期などに処方されています。 さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。このように、この系統の薬は副作用が少なく安全性が高いこともあり、各診療科でいろいろな病気に幅広く使われています。

(お薬110番より)

副作用

今回は私がソラナックスを服用して体験した副作用について書きます。

ベンゾのお話 に書きましたが
一時期0.8mgを服用していたことがあります。
その時に出た副作用です。

毎回必ず出ていた症状ではないのですが
ソラナックス0.8mgを飲むと身体が痒くなりました。
特に湿疹が出るというわけではなかったのですが
手、腕、足が特に酷かったですかね。
お腹も痒くなることもありましたが。
手のひらや足の裏の痒みはかなりつらかったです。
掻きむしってアザになったこともあります。

服用後かなり時間が経過してから(9時間後とか)
出てくることもあったので
本当にソラナックスが原因なのか分かりませんでした。
でも他に原因は考えられません。
痒くて眠れないこともありました。

皮膚科でプリックテストというアレルギー反応も調べましたが
「反応ないねー」と終わった後で痒みが出てきて
アレロックをいうお薬を処方され
それからは痒みが出た時にはアレロックで対処して
服用続けています。

やめておいた方がと言われましたが
他のお薬では抗不安効果を感じられなかったため続けました。
0.4mgに減らしてからはそれほど痒みは出ません。
ほぼないと思います。
ソラナックスを飲むと身体が温かくなってくるので
寒暖差アレルギー的なものかもしれません。

毎回ではなかったので
その時の体調にもよるのかもしれませんね。

 

最後に

私は医師でも薬剤師でもなくただの患者です。実体験を元に書いていますが医学的には間違っていることもあるかもしれません。あと難しい用語は分からないので分かりやすく書いているつもりです。

0