あはも

     2021.04.24 01:26
あはも

MNP(電話番号そのままで電話会社変更)にてSoftbankのミニモンスタープランから
ahamoに変えたのですが、すんなりいかなかったところもあるので
ざっくりご紹介します!!
他社でもそれほど大きな違いはないと思うので参考にされたい方は
Softbankの部分はauやdocomoに置き換えて読んでみてください!

まず、私が使っていたSoftbankのミニモンスターは
ギガをあまり使わない人向けのプランで1GBを越えるごとに料金が勝手に上がっていくプランです。
ま、それはどうでも良いのですが。

今まではMNPで乗り換えをするMNP転出手数料というのが3000円かかっていました。
それが今年の3月に廃止されたようです。
そして携帯電話各社ではオンラインで手続きをすると事務手数料がかかりません。
つまり端末を変えずにお金をかけずに料金プランを変えることが出来ます。
(厳密には少しかかりますがそれは後ほど)
ただし現在2年縛りなどの契約をしている方は更新月でないと違約金がかかってしまいます。

私は端末はSoftbankで購入したXPERIA1をそのまま使います。
まずはMy SoftbankにログインしてSIMロック解除を行います。
(解約してからだと店頭でしか出来ないので手数料がかかってしまいます)
このとき画面にSIMロック解除コードという長い長い数字が表示されるのでなくさないように必ずメモしてください!!!
スクショしておいても良いです。
後から確認することが出来ないため必ずメモしてください!!!

SIMロック解除に必要なIMEIという番号は電話アプリで *#06# と入力すると確認できます。
AndroidもiPhoneもどちらも対応しています。
設定画面からも探せますけどね~。
現在使っているのがdocomoの端末であればSIMロック解除は必要ない気がしますが
一応確認はしてください!!

次にMNP転出予約番号を発行してもらいます。
My Softbankからでもできるようなのですが
私の場合は複数回線の親回線だったからかwebでは出来ず電話受付となりました。
*5533に電話をして「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えます。

ここでチェックポイント!
MNP予約番号には有効期限があります。
期限は15日です。
Softbankでは解約時に日割り計算にはならずahamoは契約時に日割り計算になるので
Softbankの締め日近くで切り替えできるようにします。
ここが先ほど書いた厳密には少しかかるです。
Softbankの締め日は人によって違います!
私が知る限り10日、20日、末日です。
私は末締めにしていたので4月12日に予約番号を発行してもらいました。
予約番号はSMSで送られてきます。
有効期限が4月26日だったので26日に切り替え完了の場合は
Softbank1ヶ月分とahamo4日分の日割りが重なって厳密には少しかかることになります。
30日に切り替えられるのが理想ですがギリギリ過ぎるのもねぇ・・・と思ってしまいます。

いよいよahamoのサイトから申し込みです。
申し込みにはdアカウントが必要です!
そしてひとつのdアカウントにつき1回線しか申し込めません!
複数回線で申し込むには回線と同じ数だけdアカウントを作る必要があります。
ここがちょっと面倒。。。

ahamoの特徴
データは20GBで2970円。
超えたら1GB=550円で購入なので勝手に料金が上がらない!
通話は5分までかけ放題は込み。
無制限かけ放題にしたい場合は+1100円。
すべて税込み。
それ以外にかかるのはユニバーサルサービス料(3円)だけ!
キャリアメールや留守番電話はありません。

5分のかけ放題も要らない!という方にはauのpovoの方がお安いです。
ただしpovoは無制限のかけ放題が+1650円と高め・・・。
そしてトッピングという名のオプションがあるのでシンプルではない。。。

では画像を交えながら簡単に説明していきます。

私はdocomoを契約していないで進めました。

端末を一緒に購入することも出来ますがこれだけ簡単に乗り換えられるなら
これからはSIMフリー端末を買おうと思っています。
ちなみにahamoで購入できる端末は種類が少ないので
docomoで購入してからahamoに変更するというやり方もあるようです。
ahamoのサイトには他社の端末が使えるかどうかの一覧表があります!

いよいよ申し込みです。
本人確認書類(運転免許証など)の写真をアップロードする必要があります。
(カメラ付きのスマートフォンで申し込めということですね・・・写真が大きすぎるとエラーになります)
お支払いに関する書類としては、私はクレジットカードの情報を入力しました。
口座振替もできるようです。
メールアドレスは捨てアドではなくちゃんと届くものが必須です。
送られてくる受付番号が大変重要です!!
Softbankにて取得したMNP予約番号と有効期限も入力します。

申し込みが完了するとこのような画面になります。
受付番号は絶対になくさないように!!!
状況の確認に必須です。
申し込みが殺到して混み合っているという話を聞きましたが
翌日の朝には出荷準備作業に変わっていました。
翌々日には発送されましたね。

ただし私は月末に切り替えをしたかったので
選べる範囲で一番遅い23日(今日)届く指定にしてありました。
遅くても有効期限の26日までには開通しないといけないのですが。

はい、届きました。
日本郵政です。
ちなみに今回親の分も一緒に申し込んだのですが
別々に出荷されたものの同じ日に出荷されており電話番号の記載がないため
どちらのSIMか分かりません・・・
発送伝票の番号の早い方が先に申し込んだ私のかな?と思って入れたらアタリでした笑

届いた箱の中身はSIMカードと納品書、設定についての紙1枚、
dカードのチラシのみです。

では設定。
まずは端末の電源を切ります。 ←しなかったw
SoftbankのSIMを抜いてahamoのSIMを入れ再び電源を入れます。

ここでロック解除キーの入力画面が出るはずなんですけど・・・・
出たらSIMロック解除をしたときにメモしておいた解除キーを入力します!!
なぜか私のは出なかった・・・代わりに?↓こんな感じで

音声に対応していないSIMですと出ました(謎)

あらかじめインストールしておいたahamoのアプリを起動します。
受付番号と電話番号・暗証番号を入力して開通手続きを行います。

MNPの方は午後8時ごろまでとなっていますが大丈夫みたいでした。

じゃじゃーん

docomoの端末を使う方はこのまま再起動すれば問題なく使えるのではないでしょうか。

私もこれで使えるはずでした・・・が、画面に出てきたのは・・・

チーン・・・

電話も応答なし・・・

設定のリセットをしてみたり、SIMの抜き差ししてみたり・・・

auの端末に挿してみても変わらない・・・

で、たどり着いたやり方です。

設定画面を開きます

ネットワークとインターネットを開く

モバイルネットワークをタップ

アクセス ポイント名をタップ

+をタップ

名前とAPNをそれぞれ入力
名前は分かりやすく何でも、APNには spmode.ne.jp と入力

入力できたら右上の3つの点をタップ

保存をタップしたら

選択してあげればOK。
これでもう通信は出来るようになりました!!
ただしこのままだと電話が繋がらないので一度端末を再起動!
これで完璧!

電源切っていてもちゃんと着信のお知らせくるヾ(≧∇≦)〃
XPERIAには伝言メモ機能があるので留守電がなくても問題なし!

ただ・・・

きっと外では大丈夫でしょう・・・だってdocomoだし・・・と願う・・・。

こうして私はうっかり使いすぎても勝手に料金が上がらない安心と
着信のお知らせを逃さない安心を手に入れたのでした。
安心第一!

どなたかの参考になれば♪

 

よろしかったらポチッとクリックお願いしますm(_ _)m